2021年10月13日

Smart Sensing2021 に出展し、セミナーを開催します。


Smart Sensing2021 (10月27日〜29日 東京ビッグサイト)
https://www.smartsensingexpo.com/

<展示>
出展小間:2E-07(南展示棟2ホール)
出典内容:
・ワークショップ「ロボットビジネス・マインドリセット」
・分離販売「ロボットマトリックス・カーブアウト」
・日本ロボットビジネス体系講座を再構築「ロボットビジネス オンデマンド・ビデオ / オンライン・レクチャー」
・利害関係のない中立で公正なロボットビジネス適正診断「ロボット・セカンドオピニオンサービス」 などを紹介

<出展者プレゼンテーション>
「ロボットビジネス・マインドリセット、ロボットマトリックス・カーブアウト、ロボットビジネス オンデマンド・ビデオ / オンライン・レクチャー」を紹介
日時:10月27日(水)14:55〜15:15 
場所:南1ホール セミナーA会場

<セミナー>
タイトル:中国製ロボットとの付き合い方 席巻される前に為すべきこと
内容:日本国内で様々な分野で急速に存在感を増しつつある中国製のロボット。その付き合い方といつの間にか席巻される前に日本企業が
   先んじて為すべきことをわかりやすく解説
講師:小林 賢一(NPO法人ロボティック普及促進センター 理事長/株式会社ロボットメディア 代表取締役)
日時:2021年10月29日(金)15:45〜16:25
場所:南2ホール セミナー会場C


posted by NPO-RIC at 15:35| 展示会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月06日

プレスリリース 「ロボットビジネス・マインドリセット、ロボットマトリックス・カーブアウト、ロボットビジネス オンデマンド・ビデオ / オンライン・レクチャー、展示会セミナー」

プレスリリース

ロボティック普及促進センター(RIC)、「ロボットならではの「X番目」の特別で劇的な価値を創出」するワークショップを11月より実施。
コロナ禍後の「新たな価値の提供」を模索する企業・機関を募集します。

NPO法人ロボティック普及促進センター(本社:横浜市港北区、理事長:小林 賢一、以下 RIC)は、「ロボットならではの「X番目」の特別で劇的な価値を創出」するワークショップ「ロボットビジネス・マインドリセット」を11月より実施します。

また、資料1枚から必要な分だけ購入できる分離販売「ロボットマトリックス・カーブアウト」、日本ロボットビジネス体系講座を再構築した「ロボットビジネス オンデマンド・ビデオ / オンライン・レクチャー」も開始します。

なお、RICはSmart Sensing2021(10月27日〜29日 東京ビッグサイト)に出展し、ワークショップ「ロボットビジネス・マインドリセット」などを紹介するとともに、セミナー「中国製ロボットとの付き合い方 〜席巻される前に為すべきこと〜」を開催します。


プレスリリース1006.pdf


posted by NPO-RIC at 14:36| ニュースリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワークショップ「ロボットビジネス・マインドリセット ロボットならではの特別で劇的な価値を創出する」を11月より実施します。

ワークショップ「ロボットビジネス・マインドリセット ロボットならではの「X番目」の特別で劇的な価値」を創出する

コロナ禍後の「新たな価値の提供」を模索する企業・機関を募集します。

ロボットビジネス・マインドリセットPDF.pdf

【申し込み】
下記メールアドレスに必要事項を記載の上、お申込みください 
E-mail:seminasanka[a]npo-ric.org  ※[a]は@に変更してお送りください
必要事項:ワークショップ希望日、氏名、企業機関名、部門、所在地、メールアドレス、電話番号、振り込み予定日 

【概要】
コロナ禍で、あらゆる産業が変革を余儀なくされ、様々な業種・分野で「新たな価値の創出」を目指す動きが進んでいます。
「新たな価値を創出する」には、従来の価値観をリセットし、これまでとは違う新たなことにチャレンジし続けるマインド(Challenge-ing Spirits)が求められています。

本ワークショップでは、ロボット※ならではの、ロボットだからこそできる「特別で劇的な価値」について、豊富な実務経験で蓄積してきた知見・ノウハウと独自分析に基づく国内外の最新事例を交え、徹底的に議論・深堀すると共に、与えられた「解」ではなく、自ら「解」を導き出す「ロボットビジネス・マインド」をコーチングします。

本ワークショップを通して、ロボット単体(インテグレーション、サービス)やネットワーク(運行管理、連携)のみならず、ロボットを活用したソリューションや付加価値をも上回る、「ロボットならではの「X番目」の特別で劇的な価値」を見出し、経営層への提案・プレゼン発表までをゴール目標とします。
※広義のロボット(ロボットやドローン、自動運転車など「自ら考え動くモノ」。AI・遠隔(半自動)・パワーアシストなどのロボット関連技術を含む)

表(PDF).pdf

【特徴】
・与えられた「解」ではなく、自ら「解」を導き出す「ロボットビジネス・マインド」をコーチング
・ロボットならではの「X番目」の特別で劇的な価値を見出す
・経営層への提案・プレゼン発表までをゴール目標とする

【対象者】
・コロナ禍後の「新たな価値の提供」を模索する企業
・社内やグループで横断的事業開発を行っている企業
・オープンイノベーションにおいて共創アライアンスやコラボレーションを実施している企業・機関
・経営・新規事業・DX/SDGs推進・事業企画・研究開発・マーケティング・製造部門など

【推奨カリキュラム】
・全3回 レクチャーとワークショップで構成(1回4時間)
・ロボットビジネス共通理解のための「ロボットビジネス基礎 オンデマンド学習」付(事前学習ビデオ)

【実施日・場所・カリキュラム内容・料金など詳細】月2社まで:先着順
・実施2週間前までに調整・相談の上、決定(※交通費、宿泊費などは別途) オンラインでの開催も可能

【申し込み】
下記メールアドレスに必要事項を記載の上、お申込みください 
E-mail:seminasanka[a]npo-ric.org  ※[a]は@に変更してお送りください

必要事項:ワークショップ希望日、氏名、企業機関名、部門、所在地、メールアドレス、電話番号、振り込み予定日 


posted by NPO-RIC at 13:53| ワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロボットマトリックス・カーブアウト(分離販売)を11月より提供します。

ロボットマトリックス・カーブアウト(分離販売)

資料1枚から、必要な分だけ購入できる(すべてパワーポイントで提供)

(HP)ロボットマトリックス・カーブアウト.pdf

ロボットマトリックスとは、ロボットビジネスに関わる世界主要約1500社を約700項目に分類し、これにロボット専門実務経験で培った独自のノウハウを加味したプラットフォーム。
ロボットに関する多種多様なニーズ、あらゆる組み合わせに対応が可能。

【特徴】
・ロボットに特化 
ロボット、ドローン、自動運転車やパワーアシスト、遠隔技術、XR技術など、ロボットに関わる幅広い事項を網羅しています。

・ロボットビジネス全体像の把握から個別事項まで、ニーズに合わせて選択・購入が可能※
日々の膨大な情報の中から、進化・発展するロボットビジネスやロボット関連技術の全体像を把握することは、多大な労力を必要とします。
特に多くの業種を扱う大企業においては、企業内容を相当深堀しないと知りたい項目にたどり着けなかったり、関連企業やグループ企業の動向もわかりづらいことも間々あり、また、ロボットベンチャー(スタートアップ)では、目まぐるしく情報が移り変わり、製品やシステム名もいつの間にか更新されたりして、全体像がとらえきれないこともしばしばあります。
※地域、企業、分野、用途、機能、関連技術、ベストプラクティス、「日本ロボットビジネス体系講座」テキストなど

・必要な資料だけを1枚からピンポイントで購入可能
一般的な市場調査資料(調査レポート)は、市場規模や市場予測、セグメント分類(地域、企業、プロダクトなど)で構成され、有用である一方、購入者にとっては必ずしもそのすべてが必要な内容ではなかったり、購入価格が高額(数万円〜数百万円)になる場合も多く、また、納品形態も紙やPDFであるため、プレゼン資料などに使う場合、煩わしい手間と多くの時間を取られてしまいがちです。

・すべてパワーポイントで提供 
資料作りの時間短縮、プレゼン資料としてすぐに活用できます。

・資料1枚550円(税込)〜
パワーポイント1枚に情報やプロダクトがコンパクトにまとめられている(追加・修正も可能)ので、関連する膨大な情報をインターネットでひたすら探し、資料作りに多くの時間と手間をかける過程を大幅に短縮できます
※文字数、独自構成(オリジナル度)などにより、料金は変動します 
※2021年内はデータ出力費も無料で提供(2022年からデータ出力費(2,000円/回)が別途かかります)

【購入方法】
販売項目・料金など詳細については下記アドレスまでお問い合わせください。 
E-mail:otoiawase [a]npo-ric.org
※[a]は@に変更してお送りください

【監修】
NPO法人ロボティック普及促進センター 

【販売】
株式会社ロボットメディア
posted by NPO-RIC at 12:55| 資料集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロボットビジネス オンデマンド・ビデオ / オンライン・レクチャーを11月より開始します。

ロボットビジネス オンデマンド・ビデオ / オンライン・レクチャー

日本ロボットビジネス体系講座※を再構築

オンデマンド・ビデオ(自分の都合にあわせ学びたい時に学習)とオンライン・レクチャー(ロボットを活用して新規事業を創出)の二本立てで提供します。
※体系講座実績:2014年10月から2021年9月まで85回開講。約250社が受講。約90社がロボットビジネスや新たなDX事業に参入・展開(2021年9月時点)

(HP)オンデマンドビデオ オンラインレクチャー.pdf

【対象者】
・ロボットビジネスに興味がある方、今後関わりたい方
・ロボットビジネスを自社のビジネスに取り込みたい経営者や管理職の方
・技術は理解しているがビジネスや業務にロボットをどう活用していくか悩んでいる技術者の方
・コロナ禍を機に新規ビジネスや副業、学び直しを模索されている方 など

【学習形態】
(1)オンデマンド・ビデオ(自分の都合にあわせて学びたい時に、ピンポイントで学習できる※) 

内容:
・基礎編(我々は今時代のどこにいるのか、どこへ向かおうとしているのか)
・実践編(1.現状を知る 2.安全性の確保 3.事業スタート 4.商品化(開発・導入、利活用)  
料金:15,000円(税込)/人
※映像閲覧はURL送付から10日間

(2)オンライン・レクチャー(ロボットを活用して本格的に新規事業を創出したい) 
オンライン(Zoom利用)でレクチャー(ライブ講義)を行います。
少人数(個別対応)

内容:
・実務編(1.なにから手をつけていけばいいのか 2.新規事業開発 3.収益化への道)
時間:各3時間半(レクチャー+ディスカッション)  
料金:99,000円(各33,000円(税込)/人) 1〜3で選択も可能

【講師】
小林賢一 NPO法人ロボティック普及促進センター 理事長 / 株式会社ロボットメディア 代表取締役

【申し込み】
必要事項を記載の上、下記アドレスにお申込みください  
E-mail:seminasanka[a]npo-ric.org  ※[a]は@に変更してお送りください

必要事項:希望内容(オンデマンド・ビデオ / オンライン・レクチャー)
希望日※、氏名、企業機関名、部門、所在地、メールアドレス、電話番号、振り込み予定日 
※実施2週間前までに日程を調整。受講5日前までに料金をお振込みください。入金確認後、Zoomアカウントや事前資料、カリキュラムの詳細をお送りします
※リアルレクチャー(出張講座、目的別講座)も可能です。レクチャー終了後、個別相談にも応じます
※シンクタンク、コンサルティング職などの方からの申し込みはお断りする場合があります

posted by NPO-RIC at 10:24| 体系講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月25日

新・日本ロボットビジネス体系オンライン講座


第85回(2021年9月16日)は修了しました。



「新・日本ロボットビジネス体系講座」をオンラインで開講しています。

第84回(2021年8月26日)は修了しました。

次回開講日:(第85回)2021年9月16日木曜日

毎回最新の情報にアップデートしています。

形式:事前学習(ビデオ学習と事前資料)、ライブ講義(Zoomで実施)
講座内容
1基礎編(ビデオ学習)
我々は今時代のどこにいるのか、どこへ向かおうとしているのか
2実践編(ビデオ学習とライブ講義:特にアプローチ方法、ロボットならではの新たな価値の提供、収益化をメインに)
・現状を知る
・なにから手を付けていけばいいのか
・新規事業開発
・安全性の確保
・収益化への道
3事例編
ライブディスカッション

詳細
体系講座カリキュラム.pdf

開講日:第84回(8月26日) 第85回(9月16日) 
以降毎月開講 ※集中講座(1回完結)。連続した講座ではありません。
各日13:00〜18:00 木曜日 
料金:3万3千円(税込)
対象者:ロボットビジネスに興味がある方。
特に新たな事業としてロボットビジネスを検討している。社内の事業再編でロボットビジネスに関わるようになった。ロボットビジネスをどのように自社の収益に結び付ければいいか悩んでいる。ロボットビジネスで他社の先を行く戦略を考えたい。ネットやTVニュースからのバラバラの情報ではなく、ロボットビジネス全般を網羅的に把握したい方。

申込:下記メールアドレスに必要事項を記載の上、お申込みください。
seminasanka@npo-ric.org

件名:新・日本ロボットビジネス体系講座 受講申し込み
必要事項:受講講座日、氏名、企業機関名・部門、年代、所在地、連絡先(メールアドレス、電話番号)、振り込み予定日、関心のあるロボットビジネス分野

振込先
ゆうちょ銀行(郵便局)口座からお振込みの場合
(記号)10530 (番号)45074781  
(名義)トクヒ)ロボティックフキュウソクシンセンター

※ゆうちょ銀行(郵便局)以外の金融機関からお振込みの場合
(店名)〇五八(ゼロゴハチ)(店番)058 (預金種目)普通預金
(口座番号)4507478 (名義)トクヒ)ロボティックフキュウソクシンセンター

※受講日の5日前までにお振込みください。
※入金確認後、当日案内(事前資料とビデオ学習URL、ZoomのIDとパスワード)をメールでお送りします。
※領収書が必要な場合はご一報ください。
※請求書の発行には発行手数料がかかります。
※シンクタンクやコンサルティング職などの方からの申込はお断りする場合があります。

講座終了後、個別相談にも応じます。
なお、個別に受講をご希望の場合(事業部単位で受講したい、知りたいニーズや分野が決まっているなど)はご相談ください。講座内容、受講日時など別途調整可能です。
otoiawase@npo-ric.org
 
新型コロナ感染症拡大で緊急事態宣言も出される中、在宅ワークをされている方も多いことと思います。
コロナ禍は憂鬱な日々ではありますが、コロナ禍をチャンスと捉え、世界中でロボットを活用した新たな動き(分野、領域、プレイヤー)や、コロナ対策のソリューションとしてロボットを導入する事例が増えてきています。
当面この傾向は続き、メディアで取り上げられることも多くなると思いますが、ロボットビジネスはまだまだ始まったばかり。コロナ禍で将来のことをじっくり考える時間が増えた今こそ、日々飛び交う情報に振り回されることなく、しっかりとロボットビジネスの本質をとらえることが重要です。
2020年代は、様々な分野、領域でロボットが活用され、ロボットビジネスが大きく発展していく「本格的普及期」に入ります。
ロボットを活用することで人と機械と社会との関わりも大きく変容し、ロボットを活用した新たな市場も誕生してくることでしょう。
ロボットの導入・活用が進むと、利便性や効能・効果がより期待されると共に、(すべての分野ではないにしろ)収益性もシビアに問われていくことと思います。

2014年から開講してきた本講座は、メーカーから金融、商社、IT、スタートアップまで実に幅広い職種の方々が受講し、受講をきっかけにロボットの事業を立ち上げたり、事業化の準備やロボットの開発、導入、活用に乗り出す新たなプレイヤーが数多く誕生してきました。
受講者の主な所属先など.pdf

意欲ある方の受講をお待ちしております。

NPO法人ロボティック普及促進センター
posted by NPO-RIC at 16:00| 体系講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月21日

ロボットビジネス縦横無尽 Smart SensingONLINE展 セミナー(7月28日(水)13時)


Smart SensingONLINE展で、セミナーを行います。

セミナー視聴登録はこちらから↓

https://www.aperza.com/ja/co/10000335/page/1?utm_content=sso2021&utm_campaign=edm_ext_itmedia20210714&utm_source=edm_ext_itmedia20210714&utm_medium=edm_ext

日時:7月28日(水)13:00〜13:50
講師:小林 賢一
NPO法人ロボティック普及促進センター 理事長 / 株式会社ロボットメディア 代表取締役

講演タイトル:ロボットビジネス縦横無尽
最近の気になる話題を一気呵成にお話しします!

今押さえておくべきロボットビジネスのポイントを国内外の最新動向を踏まえ、実務に基づく具体的な視点で縦横無尽に解説
主な内容:世界のロボットビジネス(日米中欧比較)、中国製ロボットとの付き合い方、注目すべき動向・分野、ロボットならではの新たな価値とは・・・

こんな方におすすめ
・ロボットを自社のビジネスに活かしたい経営、管理職、新規事業担当者
・技術は理解しているがロボットをビジネスにすることに悩む技術者
・コロナ禍を機にロボットビジネスを含めた転身を模索している方

多くの方のご聴講をお待ちしています。


posted by NPO-RIC at 12:25| セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月23日

新・日本ロボットビジネス体系講座 オンラインで開講中

「新・日本ロボットビジネス体系講座」をオンラインで開講しています。

次回開講日:(第84回)2021年8月26日木曜日

(第83回)2021年7月8日木曜日 ※修了しました
(第82回)2021年6月17日木曜日 ※修了しました

受講内容はこれまでと同様ですが、毎回最新の情報にアップデートしています。

形式:事前学習(ビデオ学習と事前資料)、Zoomによるライブ講義(特にアプローチ方法、ロボットならではの新たな価値の提供、収益化をメインに)
講座内容
1基礎編
我々は今時代のどこにいるのか、どこへ向かおうとしているのか(ビデオ学習)
2実践編(ビデオ学習とライブ講義)
・現状を知る
・なにから手を付けていけばいいのか
・新規事業開発
・安全性の確保
・収益化への道
3事例編
ライブディスカッション

詳細
体系講座カリキュラム.pdf

開講日:第82回(6月17日)、第83回(7月8日)、第84回(8月26日)、第85回(9月16日) 
以降毎月開講 ※集中講座(1回完結)。連続した講座ではありません。
各日13:00〜18:00 木曜日 
料金:3万3千円(税込)
対象者:ロボットビジネスに興味がある方。
特に新たな事業としてロボットビジネスを検討している。社内の事業再編でロボットビジネスに関わるようになった。ロボットビジネスをどのように自社の収益に結び付ければいいか悩んでいる。ロボットビジネスで他社の先を行く戦略を考えたい。ネットやTVニュースからのバラバラの情報ではなく、ロボットビジネス全般を網羅的に把握したい方。

申込:下記メールアドレスに必要事項を記載の上、お申込みください。
seminasanka@npo-ric.org

件名:新・日本ロボットビジネス体系講座 受講申し込み
必要事項:受講講座日、氏名、企業機関名・部門、年代、所在地、連絡先(メールアドレス、電話番号)、振り込み予定日、関心のあるロボットビジネス分野

振込先
ゆうちょ銀行(郵便局)口座からお振込みの場合
(記号)10530 (番号)45074781  
(名義)トクヒ)ロボティックフキュウソクシンセンター

※ゆうちょ銀行(郵便局)以外の金融機関からお振込みの場合
(店名)〇五八(ゼロゴハチ)(店番)058 (預金種目)普通預金
(口座番号)4507478 (名義)トクヒ)ロボティックフキュウソクシンセンター

※受講日の5日前までにお振込みください。
※入金確認後、当日案内(事前資料とビデオ学習URL、ZoomのIDとパスワード)をメールでお送りします。
※領収書が必要な場合はご一報ください。
※請求書の発行には発行手数料がかかります。
※シンクタンクやコンサルティング職などの方からの申込はお断りする場合があります。

講座終了後、個別相談にも応じます。
なお、個別に受講をご希望の場合(事業部単位で受講したい、知りたいニーズや分野が決まっているなど)はご相談ください。講座内容、受講日時など別途調整可能です。
otoiawase@npo-ric.org
 
新型コロナ感染症拡大で緊急事態宣言も出される中、在宅ワークをされている方も多いことと思います。
コロナ禍は憂鬱な日々ではありますが、コロナ禍をチャンスと捉え、世界中でロボットを活用した新たな動き(分野、領域、プレイヤー)や、コロナ対策のソリューションとしてロボットを導入する事例が増えてきています。
当面この傾向は続き、メディアで取り上げられることも多くなると思いますが、ロボットビジネスはまだまだ始まったばかり。コロナ禍で将来のことをじっくり考える時間が増えた今こそ、日々飛び交う情報に振り回されることなく、しっかりとロボットビジネスの本質をとらえることが重要です。
2020年代は、様々な分野、領域でロボットが活用され、ロボットビジネスが大きく発展していく「本格的普及期」に入ります。
ロボットを活用することで人と機械と社会との関わりも大きく変容し、ロボットを活用した新たな市場も誕生してくることでしょう。
ロボットの導入・活用が進むと、利便性や効能・効果がより期待されると共に、(すべての分野ではないにしろ)収益性もシビアに問われていくことと思います。

2014年から開講してきた本講座は、メーカーから金融、商社、IT、スタートアップまで実に幅広い職種の方々が受講し、受講をきっかけにロボットの事業を立ち上げたり、事業化の準備やロボットの開発、導入、活用に乗り出す新たなプレイヤーが数多く誕生してきました。
受講者の主な所属先など.pdf

意欲ある方の受講をお待ちしております。

NPO法人ロボティック普及促進センター
posted by NPO-RIC at 17:45| 体系講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月22日

設立10年


NPO法人ロボティック普及促進センター(NPO-RIC)は、設立10年を迎えました。

この間、ロボティック(広義のロボットやロボット関連技術)やロボットビジネスに関して、実に多くの出来事や発展がありました。
設立時(2011年4月22日)は、いまだ東日本大震災の影響が続いており、現在のコロナ禍同様先行きに不安を抱く日々でしたが、
それから10年、幾多の波に翻弄されながらも皆さまのおかげで活動を続けることができました。
これまでご支援、ご指導いただいたすべての関係者の方々に感謝と御礼を申し上げたいと思います。
ありがとうございました。

これからの10年は、様々な分野でロボティックが本格普及していく重要な段階になっていきます。
ロボット単体だけでなく、AIやIoT、クラウドサービス、デジタルツインやコンピューターシミュレーション、BIM/CIM、他社サービスとの連携など、ロボティックは以前では考えられないほど多様に広がりはじめており、コロナ禍をきっかけに物流、小売り分野などでは市場競争も激しくなってきています。
プロトタイプを作り、実証実験、製品・サービスまで進んでも、安価かつクオリティを上げた海外製ロボットやロボットシステムに押され、淘汰されてしまうケースもこれまで以上に出てくることでしょう。

今後、ロボティックの本格普及で我々のワークスタイルやライフスタイルはどう変わっていくのか。
まだまだ過渡期ゆえの混沌も予想されますが、やがて訪れるであろう「ワレラの時代 〜誰もがよりクリエイティブで心躍る時間を生きる〜」過程を現在進行形で見届けられることの喜びを実務を通して体感していきいと思っています。

最後に、新型コロナウイルス感染症の脅威が続く中、皆さまが健康で心穏やかに過ごされますことを願っております。

NPO法人ロボティック普及促進センター
理事長 小林賢一



posted by NPO-RIC at 13:12| 基本姿勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月22日

体系講座 オンラインで開講しています

次回(第82回)の開講日は、2021年6月17日(木)です。
受講内容はこれまでと同様ですが、情報は最新のものにアップデートして行います。

申込:下記メールアドレスに必要事項を記載の上、お申込みください。
seminasanka@npo-ric.org

(第81回)修了しました。

次回(第81回)の開講日は、2021年5月20日(木)です。
受講内容はこれまでと同様ですが、情報は最新のものにアップデートして行います。

(第80回)修了しました。

体系講座次回(第80回)の開講日は、2021年4月15日(木)です。
受講内容はこれまでと同様ですが、情報は最新のものにアップデートして行います。

(第79回)修了しました。

次回(第79回)の体系講座開講日は、2021年3月18日(木)です。


(第78回)修了しました。

「新・日本ロボットビジネス体系講座」をオンラインで開講しています。
次回開講日:(第78回)2021年2月18日木曜日

形式:事前学習(ビデオ学習と事前資料)、Zoomによるライブ講義(特にアプローチ方法、新たな価値の提供、収益化をメインに)
講座内容
1基礎編
我々は今時代のどこにいるのか、どこへ向かおうとしているのか(ビデオ学習)
2実践編(ビデオ学習とライブ講義)
・現状を知る
・なにから手を付けていけばいいのか
・新規事業開発
・安全性の確保
・収益化への道
3事例編
ライブディスカッション

詳細
体系講座カリキュラム(2月).pdf

開講日:第78回(2月18日)、第79回(3月18日)、第80回(4月15日) 
以降毎月開講 ※集中講座(1回完結)。連続した講座ではありません。
各日13:00〜18:00 木曜日 
料金:3万3千円(税込)
対象者:ロボットビジネスに興味がある方。
特に新たな事業としてロボットビジネスを検討している。社内の事業再編でロボットビジネスに関わるようになった。ロボットビジネスをどのように自社の収益に結び付ければいいか悩んでいる。ロボットビジネスで他社の先を行く戦略を考えたい。ネットやTVニュースからのバラバラの情報ではなく、ロボットビジネス全般を網羅的に把握したい方。

申込:下記メールアドレスに必要事項を記載の上、お申込みください。
seminasanka@npo-ric.org

件名:新・日本ロボットビジネス体系講座 受講申し込み
必要事項:受講講座日、氏名、企業機関名・部門、年代、所在地、連絡先(メールアドレス、電話番号)、振り込み予定日、関心のあるロボットビジネス分野

振込先
ゆうちょ銀行(郵便局)口座からお振込みの場合
(記号)10530 (番号)45074781  
(名義)トクヒ)ロボティックフキュウソクシンセンター

※ゆうちょ銀行(郵便局)以外の金融機関からお振込みの場合
(店名)〇五八(ゼロゴハチ)(店番)058 (預金種目)普通預金
(口座番号)4507478 (名義)トクヒ)ロボティックフキュウソクシンセンター

※受講日の5日前までにお振込みください。
※入金確認後、当日案内(事前資料とビデオ学習URL、ZoomのIDとパスワード)をメールでお送りします。
※領収書が必要な場合はご一報ください。
※請求書の発行には発行手数料がかかります。
※シンクタンクやコンサルティング職などの方からの申込はお断りする場合があります。

講座終了後、個別相談にも応じます。
なお、個別に受講をご希望の場合(事業部単位で受講したい、知りたいニーズや分野が決まっているなど)はご相談ください。講座内容、受講日時など別途調整可能です。
otoiawase@npo-ric.org
 
新型コロナ感染症拡大で緊急事態宣言も出される中、在宅ワークをされている方も多いことと思います。
コロナ禍は憂鬱な日々ではありますが、コロナ禍をチャンスと捉え、世界中でロボットを活用した新たな動き(分野、領域、プレイヤー)や、コロナ対策のソリューションとしてロボットを導入する事例が増えてきています。
当面この傾向は続き、メディアで取り上げられることも多くなると思いますが、ロボットビジネスはまだまだ始まったばかり。コロナ禍で将来のことをじっくり考える時間が増えた今こそ、日々飛び交う情報に振り回されることなく、しっかりとロボットビジネスの本質をとらえることが重要です。
2020年代は、様々な分野、領域でロボットが活用され、ロボットビジネスが大きく発展していく「本格的普及期」に入ります。
ロボットを活用することで人と機械と社会との関わりも大きく変容し、ロボットを活用した新たな市場も誕生してくることでしょう。
ロボットの導入・活用が進むと、利便性や効能・効果がより期待されると共に、(すべての分野ではないにしろ)収益性もシビアに問われていくことと思います。

2014年から開講してきた本講座は、メーカーから金融、商社、IT、スタートアップまで実に幅広い職種の方々が受講し、受講をきっかけにロボットの事業を立ち上げたり、事業化の準備やロボットの開発、導入、活用に乗り出す新たなプレイヤーが数多く誕生してきました。
受講者の主な所属先など.pdf

意欲ある方の受講をお待ちしております。

NPO法人ロボティック普及促進センター
posted by NPO-RIC at 15:59| 体系講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする