2013年10月10日

ITS世界会議のショーケース「自動運転システム」の保険コンサルティングを提供

ロボット保険サービス(横浜市港北区:小林賢一代表)は、10月15日(火)〜10月18日(金)に東京ビッグサイトにて開催される「第20回ITS世界会議 東京2013」のショーケース「自動車技術会カー・ロボティクス調査研究委員会企画「自動運転システム」に保険コンサルティングを提供しました。

このショーケースでは、自動車とロボットを融合させた「自動運転システム」や「運転支援システム」についての最新技術が紹介されます。
特に会場の特設コースでは、自律型の自動運転車両によるデモ走行や、障害物、先行車両、対向車等を認識し、それらの回避や複数車両の追従などの試乗走行が行なわれます。

ロボット保険サービスは、このデモ走行、試乗走行が安全で、安心して取り組めるための保険コンサルティングを行ないました。

デモンストレーター: 自動車技術会カー・ロボティクス調査研究委員会企画参画機関 (金沢大学、株式会社ゼットエムピー、東京理科大学と独立行政法人産業技術総合研究所の合同チーム、公益財団法人北九州産業学術推進機構)
実施期間: 10月15日(火)〜10月18日(金)
所要時間 : 30〜45分 / 回

ロボット保険サービスは、ロボットや自律走行車など、これからの新しい技術やその普及段階での万が一の安全、安心のために、その専門知識と経験に基づき、今後もユーザーの立場にたった保険コンサルティングを行なってまいります。

ニュースリリースロボット保険サービス.pdf
posted by NPO-RIC at 22:52| ニュースリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月28日

NPO法人として日本ではじめて、損害保険の代理店として登録


当NPOは、NPO法人として日本ではじめて、損害保険の代理店として登録されました。
(東京海上日動火災保険株式会社から保険業務を委託)
代理店としての名称は、「ロボット保険サービス」です。

当NPOは、これまで、サービスロボット(以下、ロボット)が社会や生活の場に
普及するために必要な安全性について研究と検証を行ってまいりました。

具体的には、神奈川県内で実施されたロボットの実証実験(平成23年度、24年度)
において、機械としてのロボットの安全性の確保(本質安全、機能安全)や、
実験現場における安全性の確保(作業安全、危険予知活動、ヒヤリハット報告など)、
そして、万が一の場合の安全・安心の確保(人、施設、ロボットへの保険)について、
ロボット開発企業や大学に助言、事務代行するなどの支援をしてきました。

今回の代理店登録を受け、今後は、実証実験だけでなく、ロボットを活用したビジネス
展開やイベント(ロボット教室、ロボット競技大会など)での各種損害保険の提案を通じて、ロボットが社会や生活の場により一層普及するためのお手伝いを行なってまいります。

また、「ロボット保険サービス」では、保険加入者様の希望に応じて、当NPOがこれまで
ロボットビジネスに関わってきた経験を活かした独自のサポートもご用意していく予定です。

ニュースリリースRIC損保代理店.pdf

続きを読む
posted by NPO-RIC at 12:54| ニュースリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする