2022年01月25日

『中国とのロボットビジネス』2022年版を発刊します。


『中国とのロボットビジネス』2022年版
(概要)中国とのロボットビジネス(PDF).pdf

【申し込み方法】
件名「中国とのロボットビジネス」、申込者名(企業機関・部署名、氏名)、送付先メールアドレスをご記載の上、下記アドレス宛お送りください。
E-mail:otoiawase [a]npo-ric.org
※[a]は@に変更してお送りください

【ご購入手順】
お申込みアドレス宛に、振り込み口座など詳細をご案内します。
入金確認後、PDFデータをご指定アドレスに配信します。
※請求書でのお支払いをご希望の場合はご一報ください(要請求書発行手数用)。


ロボティック普及促進センターでは、中国のロボット開発やロボットビジネスの動向について、これまでも日本ロボットビジネス体系講座やセミナーなどを通じて、度々取り上げてきました。

ここ数年の中国製ロボットの性能やデザインなどの向上は著しく、特にコロナ禍以降は、物流や外食分野を中心に日本で導入される中国製ロボットも増えてきています。

一方、米中の対立が深まり、日本企業は難しい立ち位置を迫られており、対応に苦慮する企業も多いのではないでしょうか。

躍進する中国のロボットビジネスと米中対立による日本企業への影響を踏まえた上で、日本のロボット関連企業がなすべき「処方箋」を論じた最新レポート『中国とのロボットビジネス』2022年版を発刊します。

今知っておくべきポイントをぎっしり詰め込みながら、日本のロボット関連企業がなすべき「処方箋」について、関連する企業や製品、豊富な事例を通して、端的にわかりやすく、コンパクトにまとめてあります。

中国をめぐっては知的財産や人権問題など、対応すべき多くの課題はあるものの、ロボットビジネスを巡る関係は今後ますます発展、拡がっていくことと思います。
本レポートが皆さまのビジネスに少しでも貢献できれば幸いです。

〇『中国とのロボットビジネス』2022年版
(概要)中国とのロボットビジネス(PDF).pdf
内容:T中国のロボットビジネス U日本の対応 V処方箋 W米中対立
掲載企業:中国企業(分野・用途・技術・製品):83社  
日本の代理店(製品):57社
導入日本企業(製品):38社  
図表:44
発売日:2022/1/25
言語:日本語
体裁‏:A4 PDF/61ページ
監修:ロボティック普及促進センター
発行:ロボットメディア
価格:8万8千円(税込)
※掲載企業、図表、ページ数(2022年1月25日時点)

以上

posted by NPO-RIC at 14:02| ニュースリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月06日

プレスリリース 「ロボットビジネス・マインドリセット、ロボットマトリックス・カーブアウト、ロボットビジネス オンデマンド・ビデオ / オンライン・レクチャー、展示会セミナー」

プレスリリース

ロボティック普及促進センター(RIC)、「ロボットならではの「X番目」の特別で劇的な価値を創出」するワークショップを11月より実施。
コロナ禍後の「新たな価値の提供」を模索する企業・機関を募集します。

NPO法人ロボティック普及促進センター(本社:横浜市港北区、理事長:小林 賢一、以下 RIC)は、「ロボットならではの「X番目」の特別で劇的な価値を創出」するワークショップ「ロボットビジネス・マインドリセット」を11月より実施します。

また、資料1枚から必要な分だけ購入できる分離販売「ロボットマトリックス・カーブアウト」、日本ロボットビジネス体系講座を再構築した「ロボットビジネス オンデマンド・ビデオ / オンライン・レクチャー」も開始します。

なお、RICはSmart Sensing2021(10月27日〜29日 東京ビッグサイト)に出展し、ワークショップ「ロボットビジネス・マインドリセット」などを紹介するとともに、セミナー「中国製ロボットとの付き合い方 〜席巻される前に為すべきこと〜」を開催します。


プレスリリース1006.pdf


posted by NPO-RIC at 14:36| ニュースリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月28日

NPO法人として日本ではじめて、損害保険の代理店として登録


当NPOは、NPO法人として日本ではじめて、損害保険の代理店として登録されました。
(東京海上日動火災保険株式会社から保険業務を委託)
代理店としての名称は、「ロボット保険サービス」です。

当NPOは、これまで、サービスロボット(以下、ロボット)が社会や生活の場に
普及するために必要な安全性について研究と検証を行ってまいりました。

具体的には、神奈川県内で実施されたロボットの実証実験(平成23年度、24年度)
において、機械としてのロボットの安全性の確保(本質安全、機能安全)や、
実験現場における安全性の確保(作業安全、危険予知活動、ヒヤリハット報告など)、
そして、万が一の場合の安全・安心の確保(人、施設、ロボットへの保険)について、
ロボット開発企業や大学に助言、事務代行するなどの支援をしてきました。

今回の代理店登録を受け、今後は、実証実験だけでなく、ロボットを活用したビジネス
展開やイベント(ロボット教室、ロボット競技大会など)での各種損害保険の提案を通じて、ロボットが社会や生活の場により一層普及するためのお手伝いを行なってまいります。

また、「ロボット保険サービス」では、保険加入者様の希望に応じて、当NPOがこれまで
ロボットビジネスに関わってきた経験を活かした独自のサポートもご用意していく予定です。

ニュースリリースRIC損保代理店.pdf

続きを読む
posted by NPO-RIC at 12:54| ニュースリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする